• menu

教育プログラムを知る

仕事は共に学び合い共に成長する
人間磨きの場。

アクセスが何よりも大切にしているのは人間力。各種研修を通して人間力を高め、お客様によりよいサービスを提供するために、税務知識といった仕事で求められる能力や、ものの見方・考える力を磨き、一人の人間として成長していただきたいと考えています。その想いから各種研修制度を用意しています。研修日程は年間スケジュールを組み、業務と並行して取り組みやすくなっています。

税理士法人アクセスでは、会計事務所としての研修と、他社にはない社内教育研修制度を用意しています。まずはこの研修制度をしっかり受けて最低限の実務スキル・人間力を身につけ、その後はOJTや外部研修、自己の鍛錬により実力をつけていただきます。

    • 基本業務を行いながら、研修を重ね
      徐々に規模の大きな仕事を経験します

      各部門の先輩・上司の指示に従い、内勤業務をメインとし、会計データ入力業務を中心としたアシスタント業務を行う。具体的指示や定められた手順に基づいて正確・迅速に業務を遂行することが求められる。さらに、お客様への対応などを身につけていきます。

    • 管理能力を養い、スタッフに指示を出し
      自らマネジメントを行います

      基本的な業務については自らマネジメントを行い、案件によってはスタッフに指示を出しながら最終的な業務まで完了させる。税理士としての役割はもちろん、お客様に対してはさまざまな面においてサポートを心がけ、積極的な提案業務を行っていきます。部門内においては、スタッフに指示指導を行い、かつ、部長をサポートしながら、徐々に管理能力を養っていきます。

    • 部門業務への重要な
      トータルバランスが求められます
      経営意識を持って会社の
      目標・戦略策定に参画

      部長・統括部長は、部門の責任者として多くの役割が求められます。部門内においては、部下の管理をはじめ、日常業務のとりまとめを行います。
      業務面においては、法人の意思決定に基づいた業務計画を立て、同時に積極的な営業活動を行い、部門全体のマネジメントを行ないます。さらに、部門におけるすべての業務を把握しながら、部門で担当するお客様のメンテナンスを行う役割も担い、重要なトータルバランスが求められるポジションです。

実務教育プログラム

アクセスでは、社員の実務能力の向上を目的とし、外部研修にMAPDVD・ASK税理士法人・ビズアップBIZトレ・ビズアップe-Jinzaiなどを活用しています。
毎週木曜日の勉強会では、研修の受講生が研修内容の発表なども行っています。

企業理念浸透プログラム

アクセスでは、企業理念浸透・健全な職場づくりの一貫といたしまして、朝礼・社内研修OJD・外部研修などを活発に行っています。
研修の結果はレポートとミーティングによって報告し全体で共有します。

読書

先人の知恵を学ぶ。読書は自分で体験することにとどまらない、多くの生き方や考え方を教えてくれます。弊社の推薦図書から希望の図書を読み、本から学んだことを業務に活かしていただきます。


  • お客様と共に悩み、共に考え、共に進み、未来を共に創造できる真のパートナーシップをつくる。
    わたしたちと一緒に目指していきましょう。


  • 何の為にわたしたちは帳簿を作成し申告するのか・・・
    数字が好きだから?なんとなく?仕事だから?
    いえ違います。私たちは「社長を元気にし100年企業にする。」ためにほかなりません。


  • 税理士法人アクセスは何を良しとし、どんなことを奨励しているのか。アクセスが大切にする3つのISMが、独自の制度や社内風土の源になっています。